おすすめ包茎治療 Rotating Header Image

切らない包茎治療も検討してみましょう

包茎に悩んでいる方の多くの方は、とにかく何とかして早く包茎から、おさらばしたいと考えていることでしょう。
包茎のままでいると、短小のままであったり、早漏であったり不潔になりやすいので、デメリットは多いですがメリットは一切ありません。
包茎には仮性包茎真性包茎そしてカントン包茎の3種類があります。
いずれの包茎も多くの時間あるいは常時、亀頭が包皮に覆われているために、様々なデメリットが生じるのです。
包茎治療の方法としては、自ら行う方法と医師の治療の下で行う方法があります。
医師の治療の大半はだぶついた包皮を切除する包茎手術です。
治療時間は1時間程度で、術後はまず二度と包茎に悩まされることはありません。
多くの方が包茎手術を奨励しておりますが、実は時間をかけることによって、切らないで包茎治療を行う方法もあるのです。
まずどなたでも出来ることは、自分で包皮をめくってむき癖をつけることです。
特に仮性包茎の方は容易に包皮をむくことが出来ますので、比較的簡単に出来る治療方法です。
最初の内は直ぐに包茎に戻ってしまいますが、徐々に癖がついて最終的には包茎から卒業出来ます。
ただし真性包茎やカントン包茎の方は、包皮をむくと激痛が走ったり、さらに酷くなるとむいた包皮が亀頭を締め付けて、命に関わるようなことも生じることがあるので、無理にむき癖をつけることはやめましょう。
その代わりに包茎矯正器具を使用して治療する方法があります。
包皮の出口を毎日開いていくことによって、亀頭が露出するようになります。
テレビなどでも紹介されている器具で、一週間で変化が出ない場合には返品可能ですので、まずは試されてみても良いでしょう。
1万円程度で購入出来ますので、これで包茎治療が出来れば、とてもお得なのではないでしょうか。
仮性包茎の方は、亀頭の根本にシールを貼って、その上に余った包皮をかぶせて矯正するアイテムや、リングを装着して包茎を克服するアイテムなどがあり、これらも安価ですので、まずは切らない包茎治療を自ら行ってみてはいかがでしょうか。