おすすめ包茎治療 Rotating Header Image

包茎治療でコンプレックス解消

友人と下ネタは気軽に話せるのに、なぜか包茎についての悩みは打ち明けられない。
包茎である事が、とても恥ずかしいという思いがあったのでしょう。
最近知ったことなのですが、包茎である人の割合は、世界的に見ても、日本においても半数以上を占めているそうです。
むしろ包茎である事のほうが当たり前、そんな状況であるのに、ついつい自分だけがそうであって、それが大きなコンプレックスとして、自分自身で育ててしまいました。
それは彼女ができて、男性としては性行為を持つことを待望するはずなのに、自分の男性器を目にした時の彼女の反応が怖くて、それを引き伸ばしてしまうほどでした。
このコンプレックスをどうにかしたい、解消したいという思いから、包茎治療を受けようと、学生時代に決心しました。
大学に通いながら、これまでアルバイトは遊びの為であったのに、包茎治療を受ける為という目標に変わり、アルバイトに精を出しながら、どこのクリニックで治療を受けるかリサーチしました。
そうして決めたクリニックに足を運び、まずは色々と聞いてみたいこと、そして自分の男性器の状態を確認してもらい、こういう流れで治療を行うという話を聞きました。
そして、この話を聞いてあらためて包茎治療を受けたいという気持ちが強まった為、そのクリニックにお願いする事にしたのです。
意気込んで臨んだ治療ですが、手術も驚くほど短時間に終わり、包帯を巻かれるだけで帰ることに、本当に日帰りで治療が終わることに嬉しくも思いましたし、ちょっと不安な気持ちがあったのは確かです。
そうして定期的な術後の経過状態をクリニックに診てもらっていたのですが、その間、男性器に負担を掛けないよう、清潔であるよう、十分に気をつけてきたつもりです。
そんな苦労を経て、身体的にも、精神的にも一皮剥けた私は、自信を持って彼女との交際を深めていく事ができました。