おすすめ包茎治療 Rotating Header Image

包茎の種類と治療

日本人男性の半数以上が包茎と言われているので、皆声を大にして言いはしませんが、多くの方が包茎に悩んでいて、何らかの治療を行っていたり、治療を行おうと考えているのです。
包茎の方の大半は日常生活などには支障がないので、そのまま放置している方もいるかもしれませんが、大の大人が子供と同じ形状のペニスであることは恥ずかしいですし、機能面でもどうしても包茎でない方と比べて劣りがちですので、長い人生を考えると早めになんらかの治療を行って、包茎から卒業されることをオススメします。
それにはまず自分がどんなタイプの包茎であるのか知った上で、ベストな包茎治療を探すことが先決です。
包茎には大きく3つのタイプがあります。
それは、仮性包茎、真性包茎そしてカントン包茎です。
日本人成人男性の包茎の方の多くが仮性包茎と言われていて、このタイプの方は容易に包皮をめくることが出来て、亀頭を露出することが出来ますが、これは一時的で、直ぐにまた元の包茎に戻ってしまいます。
このタイプの方は病気ではないので、日常生活には支障がありませんし、お風呂で包皮をめくってきれいに洗うことができますので、比較的清潔に保つことが出来ます。
要は見た目の問題が引っかかると言うことです。
真性包茎になると包皮をめくって亀頭を露出することが出来ません。
その理由として包皮と亀頭が癒着している場合があるか、包皮の出口が狭くてめくることが出来ないことが原因となっております。
無理矢理包皮をめくろうとすると激痛が走りますので、無理に包皮をめくることはしないで下さい。
カントン包茎はどちらかというと真性包茎に似ております。
ただし場合によっては包皮をめくることが出来ますが、包皮の出口がきついので無理にめくると、亀頭などが締め付けられて痛みを伴います。
そればかりか包皮が元に戻らなくなってしまうこともあり、悪化すると亀頭への血の巡りが悪くなって、ペニスが壊死してしまう場合や命に関わる事態にもなりかねないので、注意が必要です。
包茎の治療方法は様々ですが、短期間で確実に克服したい方には、クリニックでの包茎手術がベストです。